So-net無料ブログ作成
検索選択

Wikipediaの危機 [紹介]

Wikipediaと言えばもっとも普及したWeb2.0アプリケーションといって良いでしょう。調べごとがあると以前はGoogleで調べてましたが、最近はまずwikipediaで基本知識を仕入れることが増えました。それで足りないことがあるとGoogleで調べ始めるわけですが、Wikipediaで満足することも多いです。さぞや学校のレポートの宿題も効率よく書けるようになったことでしょう :-)

ところが、そのWikipediaが財政危機にあるというニュースが反響を呼んでいます。

メディア・パブ: Wikipediaが資金不足で3~4ヶ月以内に閉鎖かも?

Wikipediaは現在350台のサーバーで運用しているが,運用コストが500万ドル程度要するが,現在は寄付金(Wikimedia Fundraising C.O.R.E. )が100万ドルちょっとしか集まっていない。

収入は寄付だけなんでしょうかね。ネット上での集客力はかなりのものですからそれを収益に変える手段はいくらでもありそうなものです。ただし、広告を入れることについては反対意見もあり実現は難しそうです。個人的には広告以外の手段を探した方がいいとは思います。

Wikipediaが財政危機でも広告を掲載しない理由、GIGAGINE

何にしろ絶対につぶれて欲しくはない。

Dr. T


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。